モデルチェンジしたばかりのフォレスター。
実際に購入する際には、値引き額ばかりに気を取られていてはいけません。
実は新車を安く買うには、ちょっとしたコツがあります。

新車の営業の経験から言えること

モデルチェンジ後すぐの車というのは、ディーラーの営業マンも強気です。
当然値引きも良くて数万円程度になります。

そこを頑張って、値引きを1~2万上乗せさせるのではなく、もっと注意しなくてはいけない点があります。

そのポイントを押させえておかないと、場合によっては数十万も損をする場合があるからです。

ここで質問です

交渉テクニック

あなたは、自分の下取り車の適正価格がいくらか知っていますか?

ほぼすべての人に言えることですが、自分の下取り車の適正価格を知っている人はまずいません。
そこが新車営業マンの狙いどころなのです。

営業マン「お客様の下取りの査定額は、通常50万円です。しかし本日契約していただければ、頑張って10万円上乗せの60万円にさせていただきます」

こんな営業トークに騙される人が多いのは、本当に残念です。

しかしあなたの下取車は、オークションに流すと、80万円で売れるのですよ!

ということは、このディーラーは、あなたの下取り車を横流しするだけで、20万円儲かるわけです。

これなら、少々新車の値引き額を増やしても問題ないですよね!

結局損をしているのはあなたです

下取り価格チェック

このように、本来は80万円の勝ちがある車を60万円で手放してしまう、そんな馬鹿なことにならないように、きちんと自分の車の適正価格を調べる必要があります。

「自分の車の適正価格なんて調べることができるの?」

そう思うかもしれませんが、大丈夫です。
今はネットの時代。ネットのある無料サービスを使うことで、簡単に適正価格を調べることができるのです。

車屋泣かせのサービスとは?

下取り車の査定サービス

自分の車の適正価格がチェックできるサービス。
それは、無料の一括査定サービスです。

これはネットから自分の車の簡単な情報を記入するだけで、複数の買取業者から一斉に見積りを取ることができるというもの。

なぜこのサービスがいいかと言いますと、

○複数の業者に一斉に自分の車の情報を送る
○だから、業者もサバを読むことなく、一発で高値を提示してくる(そうしないと、他社に取られてしまいますから)
○だから面倒な駆け引きをする必要がない

という理由からなんです。

中でも今一番のおすすめのサービスは、ズバットの一括査定です。

運営母体が上場会社のため、参加している業者もいい加減な業者はなく、安心できます。

新車の見積りを取る前に、自分の車の適正価格をチェックすることをおすすめします。
ぜひ新車営業マンの裏をかいてくださいね!

新型アテンザの値引き